思いを形にする、美し過ぎる「こうぶつヲカシ」

今、SNSなどで話題騒然、美し過ぎるお菓子「harapecolab

鉱石の形をした寒天菓子

採取箱のようなパッケージに

美し過ぎるお菓子は、福岡に拠点を置く、harapecplab

コンセプトは、

「「鉱物」と「皆様の大好物」となって欲しい、「お菓子」と「いとをかしな存在」という思いを込めて「こうぶつヲカシ」と名づけました和菓子の琥珀糖から作られた、鉱物をデザインしたお菓子は、ひと口かじると外側はしゃりっとなかはしっとり本物の宝石のような見た目と食感をお楽しみください。」

美し過ぎるお菓子から、どこか理系的な知的美人な香がするのも、魅力の一つ。職人気質を感じる、しっかりしたコンセプトに、美しさに拍車をかける。それは、お菓子のみならず、お菓子を、より一層、美しく仕上げるためのパッケージにも。

美知的、遊び心溢れるパッケージデザイン。




国内で製造されるお菓子のパッケージは、女性を意識している事が多いため、優しいカラーを使ってしまいがちですが、harapecolabさんは、「こうぶつヲカシ」のコンセプトに忠実。

美し過ぎるお菓子「こうぶつヲカシ」

「こうぶつヲカシ」は成分にも、かなりの研究を重ね続け、すべて天然由来の色素を使用。黒胡麻、シソ味・カラメル、抹茶の色は原材料の色を使用し、他の色については、天然由来の色素を試行錯誤しながら、色の再現を研究し、現在は、色のバリエーションも豊富に。

宝石箱に大切に置きたくなる、ヲカシ



「こうぶつヲカシ」は成分にも

「こうぶつヲカシ」の名前の由来は、「鉱石の鉱物」と「皆様の大好物となって欲しい」、「お菓子」と「いとをかしな存在」という思いから「こうぶつヲカシ」(商標登録取得済み)。

作り手の思いを形にした、美し過ぎるお菓子。

「いとをかしな存在」は「愛おしい存在」としてファン急増中!

福岡県で活動するフードクリエイター集団「harapecolab (ハラペコラボ)」は、食×アートの美味しい料理と楽しい空間を提供しています.

http://harapecolab.com

重ね続け、すべて天然由来の色素を使用。黒胡麻、シソ味・カラメル、抹茶の色は原材料の色を使用し、他の色については、天然由来の色素を試行錯誤しながら、色の再現を研究し、現在は、色のバリエーションも豊富に。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事