「おもてなし」と「美感性」を探求し、磨き続ける。

「思いを形にする、素敵な人」

「おもてなし料理の会」・主宰石原明子さんにインタビュー。"自宅で再現できるおもてなしの空間"の根源を探ります。

石原明子

短大卒業後、トヨタ自動車株式会社のイメージレディ"トヨタプリティ"として、数多くのイベントにてレースクイーン、CM出演、MC、ナレーター、モデル等を務める。その後、フランス料理・日本料理・洋菓子・パン作りを習得、「おもてなし料理の会」を立ち上げる。自宅サロン、現在は新設のキッチン・スタジオにて料理教室を主宰。季節に合わせたお料理とテーブルコーディネートで"自宅で再現できるおもてなしの空間"を提案。また、常に時代を彩る女性のリーダー的存在のひとりとして女性誌や情報番組などで取り上げられる。現在は「おもてなし」のプロデューサーとして、おもてなしテーブルを中心とした"楽しいひとときを過ごすための「おもてなし空間」"をTV・雑誌などのさまざまなメディアを通してプロデュースするほか、大人の女性の美しいライフスタイルを提案。

石原さんは、小さな頃、何なりたい?どんな仕事をしたい?など夢はありましたか?

もともと、母が絵画教室、着物教室などをしているのを、小さな頃から傍で見ていたので、自分もいつか、何かしらの「お教室」のような事をするのかな?したいな?という感じはありました。大人は「お教室をするもの?」みたいに子供心に思っていて。(笑)そういう意味では、子供の頃の漠然とあったイメージが、そのままになった?という感じです。

その後も、そのイメージは変わらなかったのですか?

大人になって、少し人前に出る事、華やかな世界に憧れまして、トヨタプリティとして数多くのイベントにレースクイーン、CM、MC、ナレーター、モデルとして出演したりしていました。そんな中、私の人生を変える出会いがありまして。。。

人生を変える出会いとは?

華やかな世界にいる中、その仲間達とパン教室に通い始めたんですね。時間の経過と共に、一緒に入った仲間はやめてしまったのですが、私はずっと通い続けて。。。一つの事に嵌ると、それにのめり込む所があるんです。(笑)その後、今も恩師である稲田慶子先生との出会いがあり、感銘を受けました。

恩師との出会いが、人生のターニングポイント

「おもてなし」を伝えたい!と思ったきっかけは?

稲田先生のお教室に通い、こんなにも身近に「おもてなし」の素晴らしさを伝える事ができるのかと、感動してしまったのです。そこから、先生を目標にお料理を勉強し、私も「おもてなし」の素晴らしさを伝えたい、使命にしたいと思いました。私の唯一の恩師です。

稲田先生の40周年のお祝いの会にて



20年前から「おもてなし」を意識。

「おもてなし」を、いち早くを意識し、提案されていますね。

恩師との出会いをきっかけに、「身近におもてなし」をテーマにご提案し続けています。「おもてなし」と聞くと、やや大変なイメージを持つ方もいらっしゃるかもしれませんが、私は家でも活用できるお料理やテーブルコーディネイトを心掛けております。

2019年9・10月のテーブル

石原明子先生は、プロ意識の塊!

取材中、生徒さんに遭遇!石原明子先生について伺いました。

「おもてなし料理の会」では、20年間、同じレシピが一度も出されていないのです。また、先生の食材仕入れの目利きが、とにかく凄い!こんな凄い食材を、どこで、どうやって仕入れているのか、いつも感心しています。とにかく、「極めている」という感じです!(取材中に偶然に、出会った生徒さん)

グランドハイアット東京/フィオレンティーナ

生徒さん達から、徹底したプロ意識の塊・極み!との事ですが、ご自身で意識されていますか?

「おもてなし」「おもてなし料理」は、いかに効率良くお料理や空間をコーディネイトしていけるかだと思うんですね。そして、そのプロセスも楽しくスムーズにと。さらに、「〇〇しながら」でも準備が出来ることも大切だと思っています。なので、お教室でご提案するために、私自身も「おもてなし料理の会」のメニューやコーディネイトについては、年間計画を立て、予め準備をして、効率良く進めるようにしています。そして、それを楽しんでいます!

辛い時にこそ、笑顔で。

落ち込んだり、煮詰まったりする事など、ありますか?

私にも、ちょっと、苦しい時期もあったんですよ。その時に、人間って平等だなと。。。思いました。苦しい時に、色々と学んで、今、その経験が糧になり、教える立場としても教訓に。そして、私の周囲にいて下さった生徒さん達やバックアップしてくださる方々の笑顔に助けられました。そんな中で、私も自然と笑顔に。「笑顔って大切だな」と痛感しています。煮詰まった時と言いますか、オフの期間は、感性を磨く意味でも、旅行や食事に出かけたりしています。もともと、新しい事を取り入れいるのが苦手なのですが、「おもてなし料理の会」では、新旧コーディネイトを取り入れたいと思うので、素敵なお皿など見つけると、レッスンで使用して、生徒さん達に披露するために、購入しています。

ルビーが繋ぐ、素敵な関係

大切にされているジュエリーなどありますか?

カジュアルなジュエリーでは、ハレクラニが大好きなので、ペンダントヘッド。それと、イベントで頂いた月モチーフデザイン。

ハレクラニ沖縄

そして、とても思い入れがあるジュエリーとしては、美しいルビーです。私が「おもてなし料理の会」を発足した際に頂き、その後、ずっとバックアップして下さった大切な女性からの贈り物。「素敵な関係」を続けてくれる大切なジュエリーなので、受け継いでいければと思っています。

ルビーが繋ぐ「素敵な関係」

ジュエリーは、とても好きなので、リフォームジュエリー にもチャレンジしてみたいと思っています。

おもてなし料理の会

編集部より

「おもてなし料理の会」2019 クリスマス&お正月の内容を当サイトにて記事掲載させて頂く予定です。お楽しみに!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事