デザインを変え、ずっと受け継がれる美しいジュエリーVol.2

過去にリフォームしたジュエリーを「今の自分」に合わせて再リフォーム。リフォームジュエリーは何度も繰り返し出来る?と思う人も多いかも。リフォームジュエリーはオーダーメイドなので、単品、複数のジュエリーとの組み合わせもOK。お好みのジュエリーデザインを繰り返しリフォーム、いつまでも洗練された美しいジュエリーとして受け継がれます。

最近、ジュエリー を買い足すのではなく、「今の自分」に合わせてジュエリーをリフォームする人が多くなっています。これまでに、数多くのリフォームジュエリーデザインを手掛けているカデンシア&コンシェルジュエリーデザイナー/隅田あすかさんジュエリーについてインタビュー。

カデンシア&コンシェル専属デザイナー隅田あすか

複数のジュエリーを組み合わせたリフォームは出来ますか?

もちろん可能です。今回のリフォームでは、お母さまや仲良くしていただいていた伯母さま方からお譲り受けになった5点のリングをお持ち込みになりご相談をいただきました。ご持参いただいたリングのうちの3点は大粒の石のついたソリティアタイプで、同じようなデザインがたくさんあっても全部を身に着けられないのを残念に思っておられるご様子でした。どのリングも大切な方との思い出がつまっていて、全部のリングを身に着けていられたらいいのに…とのお客様の思いに応え、思い切ってすべての石を使ったリングへのお作りをご提案いたしました。ジュエリーの中でもリングは、身に着けているご様子をご自身がご覧になることができるという意味でも思い入れの深いお品物をお作り変えするのに向いているアイテムとなりますので、お客様の思いにぴったりだと感じました。

今回のリフォームジュエリーのデザインポイントは?

今回のデザインの場合、ポイントとして全ての石を一つのリングにするという前提がございました。素材として、大粒の石のついたソリティアリングが3点あり、どの石も通常であればリングの中石(もっとも重要で中心に据える大きい石)となるようなサイズ感です。これを一つにおまとめするためにご提案したのは、このところジュエリーのトレンドとなっている石を際立たせるデザインのオープンリングでした。オープンリングとは、リングが輪の状態につながっておらず、どこかが切れているリングのことです。3つの中石級の石をモダンなアレンジのオープンリングとしてデザインすることで全ての石を無理なく、美しく、また、オーダーメイドならではの特別感あるリングとして生まれ変わる事が出来ますと、お話しさせて頂きました。

リフォーム前のジュエリー

リフォームジュエリー は、デザインから相談が出来るのですね。

リフォームジュエリー はオーダーメイドですので、お客様のご要望を大切にしています。今回の場合は、お客様はおしゃれ上級者の方で、以前からこのようなオープンタイプのリングにご興味を持たれていました。完成したデザインは、イメージ通りのデザインと大変喜んで頂けました。お客様と一緒にデザインのブラッシュアップを行い、石同士のバランス感などを細かく調整し「これなら!」という最高のデザインを作り上げることが出来ました。

リフォーム後のジュエリー

ジュエリーをリフォームデザインする上で、大切にした事は?

デザインはモダンなオープンリングですが、絶妙に配置された石それぞれの輝きに対して、他の石の輝きが寄り添うことで、更に美しさを増すようなイメージを大切にしました。石それぞれにお譲りくださった身近で親密な方々を象徴し、また同時にご一緒に過ごされた楽しい思い出も象徴するものとしても、デザインする上で大切に考えました。流行のオープンリングで他にはないユニークな形も自慢して頂けるとと思います。

デザインの力で、出番を失ったジュエリーが蘇りますね。

はい、その通りです。ジュエリーBOXに、同じようなデザインのリングをたくさんお持ちの場合、使う機会がなくお困りになると思います。複数のジュエリーを個性の香るデザインとして、すべての石をひとつのリングとして身に着けるようにデザイン可能です。今回のジュエリーは、デザインの力を感じるお作り変えの例だと思います。

オーダーメイドジュエリーの体験記事はこちら

オーダージュエリーの職人STORYはこちら

フルオーダーメイドの製作STORYはこちら

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事